ムダ毛が原因のクレーム

「毛深い」というのは体質の一種ですが、あまりにも体毛が濃くて量が多い場合は「気持ち悪い」と敬遠されてしまいます。

 

それが仕事にも影響し、取引先からクレームが出て担当を外されることもあるのです。

 

仕事そのものは問題なくこなせているのに、担当から外されるのは納得いきませんから、脱毛を検討してみるといいです。

 

家庭で手軽に使える脱毛器などもありますが、量が多い場合は男性専用のエステで施術を受けるのがお勧めです。

 

毛の生える周期があるため、脱毛後すぐに生えなくなるわけではありませんが、量はかなり減って見栄えが良くなります。
損をしていた人生を取り戻すチャンスです。

 

ムダ毛の処理を怠るのはマナー違反?

 

一緒に仕事をしている人に対して、毛深いということは、マナー違反になる場合があります。

 

それは、決して全身のムダ毛を指しているわけではなく、見えるところは処理しておくべきだということです。

 

例えば、頻繁にパソコンを使用するような事務的な仕事だと、職場の仲間に頻繁に指先を見られることになります。

 

それは決して見ようと思って見ている訳ではありませんが、見える所はキレイにしておかなければならないという気持ちは、社会人であれば普通の感覚なのです。